月刊俳句誌ゆめ俳句会

2018/6・21

入会申し込み投句E-mailから送ってください

<ホーム><作ってみる><寸評・指導><各地の大会><English>
<推薦サイト><教室案内・講師依頼><注目句・推薦句><句会>

<俳句大会>

川柳


俳句会へも参加してみよう!

嫌な先輩や、うるさい先輩の居ない新しい俳句会
俳句に文句の言いたい人、俳句や俳句会に不満のある人
とにかく俳句を始めてみなければ何も言えませんよ!



作品は、毎月21日~翌月20日までに

E-mailから送ってね

当季雑詠

会員の投句数は5句まで(会員外は2句まで)

今の季節とは違う季節の俳句は掲載も講評も致しません

仮名遣いは問いません


紫陽花や一茶の句碑も詠みにくい

千歩

青梅に紅の筋あり気仙沼

ゴンザ

噴水の中へじゃぶじゃぶ三歳児

佑都

石垣の苔の中から蜥蜴かな

雄二

梅雨となる男鹿半島の波の音

雷神

青嵐風が風呼ぶ河口湖

未沙

夏霧や開拓の碑の大きさよ

優子

羽黒山行者の道の山法師

みさき

黒潮の薫る釣り宿遠郭公

正孝

十薬のすでにはびこる母の里



真直ぐな胡瓜を誉める郵便夫

よし子

やもり張り付く寺の観世音

菊枝

水口に青々育つ余り苗

政子

梅雨晴間物干し竿が足りないぞ

坊主

赤福を土産に貰ふ夏座敷

みどり

笑い声ひそひそ声の登山小屋

次郎

念入りに田植機洗ふ河原かな

忠治郎

皿運ぶ母の手伝いボート小屋

洋子

富士樹海若葉の風と光かな

典子

怪しげな蛍の光スルーする

アメリカン

金沢のソフトクリーム金箔が

光江

姫路城天守の窓に夏の蝶

まりも

一村が廃屋となる梅雨の山

主水

田を植ゑて日本の空を広げたり

貫太郎

栗の花足湯につかる異邦人

俊江

四方八方雷走る滋賀の宿



夏日射し天使の弓矢天に向く

純子

街中が落ち着きの無き五月かな

一太郎

もう会えぬ癌の友達水中花

勝彦

青梅が湖の汀にころころり

はるか

吊革に両の手を掛け冷房車

達郎

お祭りの綿あめの列爺と婆

ガロ

夏に入る砂場に遊ぶ雀かな

八重

石段に苔の花咲く法華堂

裕次郎

滝壺に下る道あり関所跡

美奈

偽物の文晁の絵夏座敷

武州

沢蟹の岩に隠るる速さかな

まちこ

退職や鞄の扇子失くしたり

敬和

万緑や風に色あり匂ひあり

たかし

虐待の子供哀れや梅雨しとど

陽子

野仏の頭上に恋の蛍かな

太郎

田を植ゑる赤いジャージの女かな

とし恵

病棟の窓にぶつかる大きな蛾

香代子




(寸評・指導等は7月中旬に行います)



入会申し込み投句E-mailから送ってください

<ホーム><作ってみる><寸評・指導><各地の大会><English>

<推薦サイト><教室案内・講師依頼><注目句・推薦句><句会>

<俳句大会>


会員募集中

Eメール nqk25204@nifty.com

東福寺碧水

380-0911 長野市稲葉39-1
026-226-2845