月刊俳句誌ゆめ俳句会

2018/8・21

入会申し込み投句E-mailから送ってください

<ホーム><作ってみる><寸評・指導><各地の大会><English>
<推薦サイト><教室案内・講師依頼><注目句・推薦句><句会>

<俳句大会>

川柳


俳句会へも参加してみよう!

嫌な先輩や、うるさい先輩の居ない新しい俳句会
俳句に文句の言いたい人、俳句や俳句会に不満のある人
とにかく俳句を始めてみなければ何も言えませんよ!



作品は、毎月21日~翌月20日までに

E-mailから送ってね

当季雑詠

会員の投句数は5句まで(会員外は2句まで)

今の季節とは違う季節の俳句は掲載も講評も致しません

仮名遣いは問いません


青蛙出番の無くて葉の裏に

みさき

盆用意何時ものように終りけり

風声

容赦無き夏の太陽に被災地に

武州

墓参りこの後何回来れるかな

天国

ラムネ玉音に昭和が蘇る

裕次郎

猛暑日や作付け計画大狂い

主水

冷房は強にしたまま櫛工房

光江

走り根に腰かけ夏の白馬岳

太郎

昼寝覚め魂戻らぬまま起きる

香代子

顔中に汗の吹き出す日本かな

千歩

片蔭にバス待つ婆の大欠伸

まりも

お風呂屋の屋根の曲線大旱

優子

理髪屋の町内情報大夕焼



籐椅子の破れ気になる齢かな

勝彦

佐渡行きのフェリーの乗り場積乱雲

正孝

東京バナナ土産に息子帰省かな

菊枝

炎昼や地球のどこか戦争中

八重

千曲川鮎の跳ねたる橋の下

勝彦

お天気の話ばかりや大旱

ゴンザ

夏霧や山荘で飲むブランデー

雷神

土用波ラーメン啜るアルバイト

俊江

炎昼や記憶がみんな飛んで行く

みどり

江戸に向け立つ流人墓夏椿

達郎

蛇の皮見つけ少年得意顔

雄二

コンビニの灯かりの下の氷菓かな

たかし

難解な数式解いて冷奴

敬和

刈り取りし草の匂いの山路かな

坊主

老鶯や戸隠蕎麦の列長く

陽子

釣り糸垂らす湖遠郭公

アメリカン

アルプスの裾の村々青りんご

純子

三河湾沖のヨットの帆が見ゆる

次郎

東京の人の速足炎暑かな

ガロ

自販機にお礼言われる炎天下

典子

公園に石碑の数多雲の峰

政子

紫陽花を咲かす食堂甲州路

洋子

郭公や安曇平野の大水車

はるか

大岩の影を動かぬ瑠璃蜥蜴

美奈

山法師ダムへの道のしるべかな



ウインドのハイレグ水着カラフルに

奈緒子

軒風鈴空き家の軒をさみしさう



夕凪の漁師の町に猫多し

民子

貸ボート時間ですよのアナウンス

美智子

用水の蛍の乱舞欠け茶碗

みつる





(寸評・指導等は10月中旬に行います)



入会申し込み投句E-mailから送ってください

<ホーム><作ってみる><寸評・指導><各地の大会><English>

<推薦サイト><教室案内・講師依頼><注目句・推薦句><句会>

<俳句大会>


会員募集中

Eメール nqk25204@nifty.com

東福寺碧水

380-0911 長野市稲葉39-1
026-226-2845