月刊俳句誌ゆめ俳句会

2017/10・21

入会申し込み投句E-mailから送ってください

<ホーム><作ってみる><寸評・指導><各地の大会><English>
<推薦サイト><教室案内・講師依頼><注目句・推薦句><句会>

<俳句大会>

川柳


俳句会へも参加してみよう!

嫌な先輩や、うるさい先輩の居ない新しい俳句会
俳句に文句の言いたい人、俳句や俳句会に不満のある人
とにかく俳句を始めてみなければ何も言えませんよ!



作品は、毎月21日~翌月20日までに

E-mailから送ってね

当季雑詠

会員の投句数は5句まで(会員外は2句まで)

今の季節とは違う季節の俳句は掲載も講評も致しません

仮名遣いは問いません


クレーンの折りたたまれし秋の雨

優子

客の無きシャッター街に秋の風

聖子

瀬戸内の風は秋色途中下車

一太郎

猪垣の崩れしままよ伊賀上野

八重

哀愁の胡弓の音色風の盆

勝彦

秋天に浅間の煙小海線

達郎

子らの声コスモス園に響きをり

たかし

萩盛り北は越後へ行く小道

典子

蟋蟀の鳴き継ぐ出雲の古旅館

まちこ

曇りがち秋の金魚の大水槽

晃一

冷まじや金の指輪を売りにけり

正孝

柿の実を取る人も無く村暮れる

アメリカン

古里に錦飾れぬ秋の風

主水

大笊の裏に祖父の名豆を干す

はるか

熊野路や蔦の黄葉が駆け上がる

みどり

マスコミは嘘ばかり言う曼殊沙華

重美

新蕎麦を食ひに行かうと誘はれる

雄二

旅先で野分の風を聞く夜かな

ゴンザ

秋晴れや捨てねばならぬ物ばかり

千歩

古井戸を埋めるお祓い菊日和

敏江

バス停がすすきの陰となりにけり

陽子

秋高しスカイツリーを見に行かむ

武州

百段の石段きつい秋の寺

靖之

太陽に透けてをりけり白桔梗

菊枝

満月や新番組を見る今宵

まりも

焼き菓子を娘が作る敬老日

政子

ひぐらしの声の郷愁同級会

ガロ

ゴンドラに秋の登山の山岳部

裕次郎

気に食わぬ事ばかりなり秋の雨

敬和

豆を打つ姉さん被りの爺と婆

幸恵

早足で帰る駅裏ちちろ鳴く

美奈

鈴虫の良く鳴く甕を玄関に

かりん

我が庭を蟋蟀の声占領す

とし恵

琵琶湖畔食事処の栗ご飯

洋子

刈田道能登の潮風音立てて

雷神

秋祭近づく今宵笛太鼓

次郎

雲厚き富士の裾野の芒かな

あけみ

十六夜や赤提灯は路地の奥

佑都

花街のネオンも減りて秋愁ひ



再会の友と乾杯新走り

貫太郎

ひつそりと桔梗の寺の円空仏

よし子

首塚の松飄々と秋の風

太郎

鈴鳴らしのぼる山寺ちちろ鳴く

光江





(寸評・指導等は12月中旬に行います)

入会申し込み投句E-mailから送ってください

<ホーム><作ってみる><寸評・指導><各地の大会><English>

<推薦サイト><教室案内・講師依頼><注目句・推薦句><句会>

<俳句大会>


会員募集中

Eメール nqk25204@nifty.com

東福寺碧水

380-0911 長野市稲葉39-1
026-226-2845