月刊俳句誌ゆめ俳句会

2018/8・2

入会申し込み投句E-mailから送ってください

<ホーム><作ってみる><寸評・指導><各地の大会><English>
<推薦サイト><教室案内・講師依頼><注目句・推薦句><句会>

<俳句大会>

川柳


俳句会へも参加してみよう!

嫌な先輩や、うるさい先輩の居ない新しい俳句会
俳句に文句の言いたい人、俳句や俳句会に不満のある人
とにかく俳句を始めてみなければ何も言えませんよ!



作品は、毎月21日~翌月20日までに

E-mailから送ってね

当季雑詠

会員の投句数は5句まで(会員外は2句まで)

今の季節夏・秋とは違う季節の俳句は掲載も講評も致しません

仮名遣いは問いません


繭蔵の博物館や梅雨明ける

敏江

かみ合はぬ夫婦の会話麦の秋

十朗治

ミニトマト太陽の温もりもあり

みどり

朝から暑い暑いの爺と婆

八重

梅雨さ中生コン車行く競技場

洋子

山風に梅雨空何処へ行ったやら

アメリカン

蛍見に父の手縋る双子かな

坊主

野球場ベンチの中に蜘蛛の糸

勝彦

郭公の声に始まる露天風呂

典子

湯治場に筍売りの声が在り

一太郎

鮎釣りに女も居るや千曲川

優子

麦の秋墓だけ残る故郷かな

和子

鉄橋の電車見て居る裸の子

麗子

伊勢の海夏の栄螺の良い匂い

紀子

走り根に腰掛け腰掛け登山する



蛍狩り子らは無口となりにけり

菊枝

空梅雨の空を見上げてため息す

まりも

豪雨災害思考の止まる炎暑かな

未沙

別荘の門扉の鎖花あやめ

聖子

山ひとつ買はされて草を刈る

光江

病床の窓より聞ゆ花火の音

(矢)敬和

無人島に舟の灯かりや梅雨晴間



花菖蒲釣りの女がたばこ吸ふ

たかし

炎天や河原に草の罠があり

主水

あやめ咲く川に洪水注意報

雷神

薔薇園のバラのワインをお土産に

よし子

梅雨しとど傘も差さずに下校の子

正孝

スペインの人との会話日の盛り

佑都

太陽の痛さや夏の日本海

ガロ

土砂崩れテレビに見入る酷暑かな

美奈

蜘蛛の囲に顔を取られて仕舞ふ朝

とし恵

伊吹山夏の雲湧く昼下がり

政子

熊野古道苔の花咲く石の道

達郎

関門の海峡静か夏の雲

ゴンザ

蟻の列浜に幾つも網干場

(関)敬和

青すだれ独りの世界出来上がる

次郎

夏草が古墳の道を塞ぎけり

貫太郎

釣忍まだまだやる気十分に

陽子

梅雨湿り妻のため息多くなり



夏蝶に誘はれ流行りの喫茶店

かりん

介護施設入居の友の暑中見舞ひ

はるか

古代蓮満開となる善光寺

千歩

冷酒が五臓六腑を駆け巡る

昭義




(寸評・指導等は9月中旬に行います)



入会申し込み投句E-mailから送ってください

<ホーム><作ってみる><寸評・指導><各地の大会><English>

<推薦サイト><教室案内・講師依頼><注目句・推薦句><句会>

<俳句大会>


会員募集中

Eメール nqk25204@nifty.com

東福寺碧水

380-0911 長野市稲葉39-1
026-226-2845