月刊俳句誌ゆめ俳句会

2017・1・10

<ホーム><作ってみる><今月の作品><寸評・指導><各地の大会><English>
<推薦サイト><教室案内・講師依頼><注目句・推薦句><句会>

入会申し込みと投句はE-mailから送ってください

川 柳


第9回
「ゆめ」全国俳句大会


2016・9・4・開催

募集句の部

第1位

白南風や砂もて磨く煮干し釜       中島 真理

第2位

一山が生き返りたる雨の蟬       和田  幸

第3位

無口なる夫婦の朝餉遠郭公        金子 和子

第4位

伊予灘の薫風入れて絣織る        中島 真理

第5位

昼寝の子頬に涙の跡残し         大口 綾子

第6位

寝かせある藍の香の濃き寒露かな     松井 禮子

第7位

粉薬残る大暑の口の中          北村 克子

キャラメルの黄色き箱や盆の棚      山上 邦夫

第9位

老鶯や父の手懸けし開墾地        外谷よしい

立葵土蔵を壊すショベルカー       神谷 順子

入 賞 句

姨捨の畔は弓なり田を植ゑる     鎌田 隆靖

とびかかる蛇の姿を今もなほ          川久保節子

透きとほる羽根立ててゆく蟻の列   山上 邦夫

夏来る魚拓掛け替ふ釣の宿      島田たゞ緒

雪渓の靴底にある火打山              松下 栄子


当日句の部


第1位

 白萩や峠に残る馬の墓      北澤 時江

第2位

 鬼やんま草に埋もるる三角点   内山 朝子

第3位

 戸隠の切り立つ峰や蕎麦の花   松下 栄子

第4位

 秋暑し止まぬ空き地の重機音   赤岡 宏子

第5位

 ネクタイを外し残暑のジャズの店 堀   勝

 戸締りの手の止まりけり虫時雨  峰村 玲子

 寺の子の青き頭や休暇明け    鎌田 隆靖

 けん玉の弾く木の音や路地の秋  島田たゞ緒

入 賞 句

薪割りの音に秋めくログハウス    山上 正視

おにやんま窓にこつんと引き返す   東福寺碧水

木曽踊り爺のステップ輪の歪む    猪瀬 武邦

月光や姨捨駅の固き椅子       西  幸敏

ペン書きの葉書の滲み秋ともし    奥山ひろ子


風ネット俳句会ブックマ-ク

入会申し込み投句E-mailから送ってください



〒380-0911 長野市稲葉39-1

俳句誌「ゆめ」発行所

026-226-2845

E-mail nqk25204@nifty.com